DataColumnオブジェクト

 DataTableオブジェクトにColumnsコレクションがあります。その中にはDataTableの列毎のオブジェクトが詰まっています。

■ 主なプロパティ

■ Captionプロパティ

 列のキャプションを取得または設定します。

■ ColumnNameプロパティ

 DataColumnCollection内の列名を取得または設定します。

■ DataTypeプロパティ

 列に格納されているデータ型を取得または設定します。

■ MaxLengthプロパティ

 テキスト列の最大長を取得または設定します。

■ Tableプロパティ

 列が属するDataTableを取得します。

○ プロジェクト

 プロジェクトを作成して確認してみましょう。

プロジェクトの種類 コンソール アプリケーション
プロジェクト名 DataColumnTest

サンプルダウンロード

○ フォームデザイン

 次の図のようにコントロールを配置してください。

コントロールの配置例
コントロールの配置例

○ プログラム

 「表示」ボタンをクリックしたときのイベントプロシージャの記述をしてください。

Form1.vb

  1. Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click
  2.  '接続文字列を作成する
  3.  Dim conString As String = _
  4.   "Data Source=.;AttachDbFilename=C:¥Work¥Books.mdf;Integrated Security=True;Connect Timeout=30;User Instance=True"
  5.  'コネクションオブジェクトを生成する
  6.  Dim con As New SqlClient.SqlConnection(conString)
  7.  'SQL文を生成する
  8.  Dim sql As String = "SELECT * FROM M_書籍"
  9.  'アダプタオブジェクトを作成する
  10.  Dim ad As SqlClient.SqlDataAdapter = New SqlClient.SqlDataAdapter(sql, con)
  11.  'データテーブルオブジェクトを作成する
  12.  Dim dt As DataTable = New DataTable
  13.  'データセットとデータベースを同期させる
  14.  ad.Fill(dt)
  15.  '列名を表示する
  16.  Dim dc As DataColumn
  17.  For Each dc In dt.Columns
  18.   Me.ListBox1.Items.Add(dc.ColumnName)
  19.  Next
  20. End Sub

○ 実行結果

実行結果
実行結果

 DataTableの中に所属するDataColumnオブジェクトを取り出して、リストに追加します。For Each文でColumnsコレクションを指定することによって、すべての列名を取り出すことができます。

前へ   次へ