インターフェイス

 インタフェースとは、抽象化されたメソッドで構成されているクラスの一種です。抽象化されたメソッドは、メソッドの仕様の定義のみで、本体の記述がありません。そのため、単体でオブジェクトを生成して利用することはできません。

 では、どのように利用するのでしょうか。それは、クラスで「実装」させて使用します。この作業は、抽象メソッド本体部分を定義することにより行います。すべての抽象メソッドを定義しなくてはなりません。

インターフェイス定義の書式
Interface インターフェイス名
 抽象メソッド定義…
End Interface

 インターフェイスはインスタンスを生成できません。別のクラスで実装し、抽象メソッド等をオーバーライドして利用することができるようになります。 実装はクラスを継承のように記述しますが、カンマ区切りで複数指定することができます。

インターフェイス実装の書式1
Class クラス名 Implements インターフェイス名, インターフェイス名…
 各種定義…
 抽象メソッドのオーバーライド
End Class

インターフェイス実装の書式2
Class サブクラス名 Inherits スーパークラス名 Implements インターフェイス名
 各種定義…
 抽象メソッドのオーバーライド
End Class

 インタフェースはひとつのクラスでいくつも実装することができます。

前へ   次へ